トップページへCreated with Sketch.

MENU
COMPANY

COMPANY会社概要

背景

ミッション

こどもを取り巻く環境を
テクノロジーの力
よりよいものに

MAKE THE CHILD-REARING
ENVIRONMENT BETTER WITH
TECHNOLOGY

私達は、世の中の先生や保護者の抱える負担や悩みをテクノロジーを通してサポートしています。彼らがこどもと笑顔でふれあい、愛情を注ぎ、それぞれが真剣にこどもの成長を考えられるよう、時間と心のゆとりを最大化するお手伝いをしていきます。
社会・園・学校・習い事・家庭・こども

ビジョン

地域の人・家族・こどもが安心して一つの場所(公園ベンチのような)に共存する様子

先生の働き方改革と価値向上の実現

保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校をはじめとしたこども施設で働く先生が、こどもたちと向き合うための時間と心のゆとり創出をサポートするテクノロジーを開発し展開を行います。
また、こども施設と世の中の様々なサービスや情報をつなぐことで、こどもの育ち・学びの機会を拡げていきます。

家庭の豊かな子育てのサポート

ご家庭の子育てにおける課題解決や利便性向上につながるサービスを提供します。
保護者にゆとりが生まれ家族のコミュニケーションの質や量が向上することで、こどもの自己肯定感が高まり、それぞれの可能性を伸ばす環境づくりを支援します。

こどもの育ちへテクノロジーの観点から貢献

ビッグデータやAIなどのテクノロジーの力を活かし、病気の早期発見や、虐待の防止、育児への迷いや不安の解消など、子育てに関するさまざまな社会課題を解決しうるソリューションを創出します。また、こどもの個性特性・趣味嗜好に応じて、最適な学びを提案し、こどもの可能性をさらに伸ばすこそだてを支援します。

代表取締役
小池 義則 YOSHINORI KOIKE

2002年横浜国立大学経済学部を卒業し、株式会社ベンチャー・リンクに入社。
FC開発における新規リード獲得部門を担当する傍ら、社内でWeb推進室を立ち上げ2009年に起業。
独学でWebマーケティングを学び、クライアントのWebサイトの企画・設計・デザイン・運用の側面から事業成長を支援顧客企業のWebマーケティング支援を行う中で、2015年に自社プロダクト「コドモン」をリリース。
プロダクトの初期開発フェーズでは、自ら全体仕様の設計、UI、フロントエンジニアリングに携わる。

開発チーム マネージャー
稲葉 達也 TATSUYA INABA

株式会社ワークスアプリケーションズにて大手企業向け業務パッケージソフトウェアの開発とマネジメントに従事。
Webアプリケーションの開発にて、仕様設計、サーバーサイド開発、フロントサイド開発、スマートデバイス対応を担当。
前職で、社内保育園の設置に関する説明会に参加したところ、保育および教育業界はまだICTの恩恵を享受できていないことを知り「自らのこどもと同世代のこどもたち、それに関わる大人たちが幸せになる社会を作る」ためコドモンに入社。

セールスチーム マネージャー
足立 賢信 YASUNOBU ADACHI

大学時代にグルメサイトの立ち上げに参加。
以来、在籍15年間でのべ5000店以上へ営業し、執行役員として営業部門責任者、会員組織の立ち上げ、サイト開発運用責任者などを担う。
その後、予約台帳のデジタル化を通じて飲食店のICT化を推進する株式会社トレタに転職し登録店舗の拡大に貢献。
自分のこどもが生まれた時から感じていた、こどもたちのより良い未来づくりに貢献したいという想いから、株式会社コドモンへ参画。
2015年チャイルドマインダー取得。

カスタマーサクセスチーム マネージャー
荒井 翔子 SHOKO ARAI

ISP、メール配信ASPでのサポート業務を経て、トランスコスモス株式会社に入社。
自身の産育休、子育てをしながら仕事をする経験をきっかけに、保育現場が抱える問題や多様性のある働き方についての課題意識を持つようになり、コドモンへ入社。
こども施設の成功を実現し、こどもたちにとって社会がよりよいものになるようカスタマーサクセスを推進。
二児の母。

コーポレートチーム マネージャー
徳永 学 MANABU TOKUNAGA

大学時代にレラカム北海道(現レバンガ北海道)の創設に携わる。
19歳でチームアンテナショップ兼バスケットボール用品専門店の初代店長を経験し、起業や事業づくりを志す。
新卒で楽天に入社後、楽天インサイトにてマーケティングリサーチを学ぶとともに、組織構築や仕組み化、オペレーションの設計に携わり、BPO先企業へ出向して組織の立て直しや教育も経験。
HR領域の責任者として、また創業期6人目の社員として株式会社Housmartに参画。
営業・営業企画・アライアンス・広報など幅広く経験した後、住宅購入の現場で発見した、日本の社会課題へのチャレンジを志してコドモンへ入社。

本社所在地

東京本社 東京都港区三田3丁目13−16
三田43MTビル 3F
TEL:03-6459-4318
交通アクセス 都営地下鉄三田線「三田」駅 徒歩6分
JR山手線「田町」駅 徒歩7分

企業概要

企業名 株式会社コドモン
設立 2018年11月7日 (株式会社スパインラボから新設分割)
所在地
東京本社
〒108-0073 東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
宮崎オフィス
〒880-0841 宮崎県宮崎市吉村町大町甲1990 3F
資本金 68,250,000円
社員数 85名(2020年6月末現在)
役員
代表取締役
小池 義則
取締役
稲葉 達也
取締役
西村 俊彦
株主 小池義則
事業内容
  • 幼保施設向けICTシステム「コドモン」の運営
  • 写真販売サービス「コドモンプリント」の運営
  • 決済代行サービス
  • 子育て支援サービス
  • 発育・発達・教育に関するビックデータの分析・研究
  • 幼保施設向け採用支援サービス

株式会社コドモンでは、重要情報(個人情報)の取り扱いの重要性を鑑み、国際規格であるJIS Q
27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)に基づく認証基準をクリアした企業としてISMS認証を取得しております(認証番号NSA-IS-298)。

MSA-IS-298 ISMS-AC-ISMS ISR016
代表取締役 小池 義則
ご挨拶/ GREETING

コドモンという社名は「CoDMO(こども)+ON(の上)」の造語で、こどもを取り巻く環境における様々な課題を解決したいと考え作ったものです。

こどもを取り巻く環境の中でも、とりわけ学びや育ちに大きな影響を与えるのは、身近な大人である先生(学校環境・保育環境)と保護者(家庭環境)といえます。

昨今、子育て領域のテクノロジーは「EDTech」や「BABYTech」といった、こどもを対象としたものが注目を集めていますが、先生や保護者をサポートするテクノロジーというものは、まだまだ発展途上であると考えています。

例えば、先生においては、いまだに手書きでの書類作成や保護者との連絡、慢性化するサービス残業、賃金問題といった課題があり、保護者においては、核家族や女性の社会進出が進む中で、従来の家庭内での育児・家事のありかたを見直す時期に来ていると言えます。
こういった、こどもを取り巻く大人が抱える諸問題はこどもに対して、時に悪影響を及ぼします。

弊社は、先生や保護者が抱える諸々の課題に対して、テクノロジーを活用したソリューションを提供しています。基幹事業であるこども施設向けの業務支援SaaS「CoDMON(コドモン)」においては、2015年のリリース以来、登降園管理や保育料自動計算機能、日誌・連絡帳・指導計画の作成支援、保護者コミュニケーション機能など、現場の先生方からのお声を反映させながら一つ一つ機能を磨き、毎年多くの施設様にお取り組みいただくに至りました。

今後も関係各社様のご支援を頂きながら、引き続き、こどもを取り巻く環境の改善に向け、着実にテクノロジーを磨き、社会により有益性を発揮できるよう努力をしてまいります。

代表取締役 小池 義則