トップページへCreated with Sketch.

MENU

PRESSROOMプレスルーム

プレスルーム
2021.07.08 #プレスリリース

コドモン、東京福祉専門学校との包括連携協定で 次世代の保育士確保を推進へ

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 389 VIEWS

コドモン、東京福祉専門学校との包括連携協定で 次世代の保育士確保を推進へ

学校法人滋慶学園 東京福祉専門学校(東京都江戸川区、学校長:小林和弘)と、保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校等こども施設のためのICTツール「CoDMON(以下コドモン)」を始めとした各種サービスを提供する株式会社コドモン(本社:東京港区三田、代表取締役:小池義則)は、7月8日付で包括連携協定を締結したことをお知らせします。

■包括連携協定締結の経緯

学校法人滋慶学園 東京福祉専門学校と株式会社コドモンは、今後相互に連携することにより、子どもを取り巻く環境の向上並びに戦略的改善を目指し、産学官も視野に入れた連携をしながら協業してまいります。本協定は、東京福祉専門学校の「保育士を志す学生の養成と保育士が長く活躍できる保育現場を実現したい」という想い、コドモンの「すべての先生に子どもたちと向き合うための時間と心のゆとりを」という想いに互いに強く共感し、締結に至りました。

■具体的な取り組み内容

1.将来の保育人材確保に関すること(中学・高校等の生徒に対して保育の担い手を確保する活動を行う)

中学生・高校生の早期段階にて、保育業界、保育士という職業に対する興味・関心をもってもらう活動を行っていきます。主に、保育のやりがいや業務内容、保育業界のICT化、保育士の福利厚生や賃金改善の現状など正しい情報を養成校のオープンキャンパスや中学・高校の授業等で発信していきます。
また、中学生・高校生を対象とした、保育所でのボランティアや職場体験を実施できる環境を整え、職業としての保育士の魅力や実状を伝えていきます。

2.保育人材育成、就職支援に関すること(ICT教育や保育の質に関する教育の実施、求人紹介を行う)

未来の保育を担う学生に「保育ICT」を認知してもらい、ICT導入事例をもとに、保育士の業務負担軽減の効果や、導入園の運用について正しく学び、入職後に実践可能な人材を育てます。また、株式会社コドモンが運営する全国の保育園の魅力や特徴を紹介する施設情報サイト「ホイシル」を通し、保育者を志す学生の就職活動をサポートいたします。

3.保育分野に係る情報の共有に関すること(学生の意識調査/アンケートの実施)

定期的に学生へ保育業界に対する意識調査を実施いたします。調査結果は授業内容の改善に役立てる他、レポートにまとめ保育現場へ共有、保育現場の働きやすい環境づくりに寄与いたします。

4.保育・児童福祉施設職員の働き方改革に関すること(学生や現役保育士に対しての研修)

保育学生や現役保育者に対して、長期就労を目的とした研修を実施いたします。保育学生には長期的な展望を持ちながら保育士としてのキャリア形成をイメージできる研修をオンライン等で実施いたします。また現役保育者の卒業生に対しても、養成校を中心とした保育士コミュニティを作成し、保育の質や働き方に関する意見交換会を実施していきます。また、卒業生から保育学生に向けて情報共有を率先して行える場を提供していきます。


学校法人滋慶学園 東京福祉専門学校

◆所在地:東京都江戸川区西葛西5-10-32
◆学校長:小林和弘
◆開校:平成元年4月
◆設置学科:社会福祉科・心理カウンセラー科・社会福祉士一般養成科・精神保健福祉士一般養成科・介護福祉士科・作業療法士科・作業療法士科夜間部・こども保育科・こども保育科夜間主コース・キャリアデザイン科・国際福祉ビジネス科(令和3年4月現在)
◆学校HP:https://www.tcw.ac.jp/

東京福祉専門学校について

学校法人滋慶学園グループは、グループ共通の教育理念である、「実学教育」「人間教育」「国際教育」を実践し、職業人教育を通じて社会に貢献することをミッションに、全国73校の専門学校を運営しています。
平成元年に開校した、東京福祉専門学校は、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・作業療法士・保育士の養成施設として、約2万人にのぼる卒業生を福祉、保育、医療人材として輩出しています。
「こども保育科」では、保育士を目指す学生と0歳から就学前までの子どもたちが毎週学内でふれあう「こども教室」を実施。学生は授業で学んだことを実践する学びの場であるとともに、地域の子育て拠点としての役割も担っています。

株式会社コドモン 会社概要

◆所在地:東京都港区三田3丁目13−13 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆事業内容:保育業務支援システムの開発・提供。2021年4月時点で、全国約8,000施設、保育士約14万人が利用。全国119の自治体で導入および実証実験の導入が決定。導入施設数・自治体導入施設数・契約自治体数でシェア1位(2021年1月株式会社東京商工リサーチ調べ)
ご参考:令和2年4月1日 特定地域型保育事業を含む全国保育所数は37,652園
◆サービスHP:https://www.codmon.com/

株式会社コドモンについて

コドモンは、保育園・幼稚園・学童・小学校等のこども施設で働く職員と保護者に対して、子どもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールである保育ICTのSaaS※1「CoDMON(コドモン)」を提供しています。
園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、こどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開しています。
またICTだけでの支援にこだわらず、保育施設向けのECサービス「コドモンストア」や、全てのこども施設職員が利用可能なこども施設職員優待プログラムとして「せんせいプライム」などのサービスも展開しています。

※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。

Mail: inquiry@codmon.com
Tel: 050-2018-3196(平日9:00-18:00)
※2月1日より電話番号が変更になりました。
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

コドモンは、先生のみなさまがゆとり持って保育・教育の質向上を目指せる環境に、少しでも寄与できるよう引き続きサービス改善を行ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 389 VIEWS