トップページへCreated with Sketch.

MENU

PRESSROOMプレスルーム

プレスルーム
2022.06.07 #プレスリリース

コドモン、いとう教材社と連携 6月10日より大王製紙「グーン」を使用したおむつの定額 使い放題サービス「おむつん」の提供開始

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 270 VIEWS

コドモン、いとう教材社と連携 6月10日より大王製紙「グーン」を使用したおむつの定額 使い放題サービス「おむつん」の提供開始

子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに、をミッションに事業展開する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、有限会社いとう教材社(本社:東京都小金井市、代表取締役:伊東淨堯)が、大王製紙株式会社と実施している保育所向け紙おむつの定額制サービス「おむつん」と連携し、6月10日金曜日よりサービス提供を開始します。

■おむつ使い放題サービス「おむつん」について

保育所向け紙おむつ定額制サービス「おむつん」は、大王製紙株式会社と共に2019年8月に東京都の保育施設を対象としてサービスを開始、2022年4月1日より全国の保育施設に対応しています。

「おむつん」を利用すると、大王製紙の紙おむつエリエール「グーン」が保育園に直接届き、保護者は紙おむつの持参や在庫管理、記名の必要がなくなります。保育施設の職員は紙おむつを園児ごとではなく一律管理することができ、業務省力化に繋がります。

従来の紙おむつの流通では最低ロットが5ケース以上でしたが、小規模園や収納スペースの少ない保育園等、施設の規模に関わらず全ての保育施設でご利用いただくため、関係各社との連携により1ケースから(おむつの種類により3パック〜4パック)の配送が可能になりました。
保護者にとってはオムツの購入頻度が減り、保育園では一定数の紙おむつが常備されるようになることから、災害時の備えとしても有効活用することができます。

■保育業務の大幅軽減と衛生面の向上

従来は保育士が園児ごとにおむつを管理し、使用後のおむつも施設で処理するのではなく保護者に持ち帰りを依頼する施設もあり、保護者もおむつの在庫管理や名前付けなど煩雑なやり取りが発生し、衛生面でも課題がありました。紙おむつの定額使い放題サービスを導入することでおむつが直接届くようになると、現金のやりとりもなくなり、職員の業務負担はさらに軽減され、また子どもを施設へ預ける保護者にとって利便性が上がり、日々の登園準備の負担が軽くなります。長引くコロナ禍における非接触推進の一つとして感染症対策にも有効です。

コドモン画面イメージ
コドモン画面イメージ

株式会社コドモン 会社概要

◆所在地:東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆WEB:https://www.codmon.co.jp/
◆事業内容:子どもを取り巻く環境をより良くするための事業を手掛け、働く人にとっても働きやすい組織づくりを体現。子育てに優しい社会に変わるよう多角的に環境整備を行い、社会に貢献する。
◎こども施設職員の労働環境を整え、保育・教育の質向上を支える子育てインフラとしての保育ICTシステム「コドモン」の開発・提供。2022年3月時点で、全国約11,000施設、保育士約20万人が利用。全国220の自治体で導入および実証実験の導入が決定。導入施設数・自治体導入施設数・契約自治体数でシェア1位(※)
◎保育士採用を支援するウェブサービス「ホイシル(https://www.hoicil.com/)」の提供。こども施設が簡単に施設の魅力を発信でき、保育学生や再就職希望者が採用情報にアクセスしやすいような情報提供を行う。
その他、保育園向け写真ネット販売「コドモンプリント(https://www.codmon.com/print/)」こども施設を対象とした専門のECサイト「コドモンストア(https://store.codmon.com/)」、現場で働く保育者の資質や専門性向上を目的としたオンライン研修サービス「コドモンカレッジ(https://college.codmon.com/)」、こども施設職員への福利厚生サービス「せんせいプライム」などを展開。
※(2022年1月株式会社東京商工リサーチ調べ)

【こども施設向けICTシステム「CoDMON」概要】

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、子どもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※1です。
園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、子どもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開しています。
※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。

Mail: inquiry@codmon.com
Tel: 050-2018-3196(平日9:00-18:00)
※自動音声につながりますので、ダイヤル回線をご利用のお客さまは、電話機の「*」「#」「トーン」「PB」などのボタンを押した後にご希望の番号を押してください。
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 270 VIEWS