トップページへCreated with Sketch.

MENU

PRESSROOMプレスルーム

プレスルーム
2022.10.12 #プレスリリース

コドモン、「園長先生カンファレンス2022」を開催 保育の実践事例と業界動向を学ぶ3日間 全国の園長先生が集まる日本最大級の学びの場

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,346 VIEWS

コドモン、「園長先生カンファレンス2022」を開催 保育の実践事例と業界動向を学ぶ3日間 全国の園長先生が集まる日本最大級の学びの場

保育・教育施設向けのサービスを展開する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)が運営する、現場で働く保育者の資質や専門性向上を目的としたオンライン研修サービス「コドモンカレッジ」にて、11月28日(月)から30日(水)の3日間、園長先生のための「保育のいまとこれから」を学ぶ「園長先生カンファレンス2022」を開催いたします。

園長先生カンファレンスとは

コドモンカレッジのオンライン研修サービスは、2021年7月の運営開始から累計1万人以上の園長先生や保育者が参加してきました。園長先生からの「園長が知っておくべき最新動向が聞きたい」「他園での取り組みを知りたい」といった要望をきっかけに、園長先生にフォーカスした日本最大級(※)の学びの場として今回のイベント開催を決定しました。保育分野の専門家や著名人を講師に招き、保育業界の動向や今求められる「保育の質」「人材育成」「施設運営」など、園長先生の日々の業務に直結する内容をお届けします。保育業界全体への価値提供をするために、コドモンではICTサービスのみに留まらず、オンライン研修サービスといった多方面での事業を展開しています。
※ 保育者向けオンラインイベントの登壇者数を比較(2022年10月時点、自社調べ)

イベント概要

テーマ:「今後の保育業界における園長先生 ~より一層大切な存在へ~」
「保育士のキャリアパスと研修の体系化〜園長として実践すべきこと〜」など全部で13の講義やパネルディスカッションを実施予定
プログラム内容は詳細ページよりご確認ください。
開催日時:2022年11月28日(月) 10:00 – 17:00、11月29日(火)12:30 – 17:00、11月30日(水)12:30 – 17:00
登壇者:玉川大学教育学部 教授 大豆生田 啓友先生
保育園を考える親の会 アドバイザー 普光院 亜紀氏
社会福祉法人希望の会 理事長 國原 智恵先生 ほか20名以上
開催場所:Zoomによるオンライン開催 ※お申込み後参加URLを送付いたします。
参加費用:3日通し券5,000円 / 1施設 ※10/31(月)まで早期割引 3,000円 / 1施設、ICTサービス「コドモン」のユーザー施設は無償で参加可能
参加特典:アーカイブ配信、ほか

世界の保育動向・事例~スウェーデン保育から日本の保育を考える~
世界の保育動向・事例~スウェーデン保育から日本の保育を考える~
保育の質向上とマネジメント・園運営
保育の質向上とマネジメント・園運営

開催概要について/保育関係者の方のお申し込みはこちらからどうぞ:https://college.codmon.com/event/conference2022/

メディア関係者向け参加申し込み

コドモンカレッジは本来保育施設で働く保育士向けのサービスですが、今回はメディア参加枠を設けます。取材希望のメディアの方は下記フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/pdpg8pqezBduZJRaA

コドモンカレッジとは

https://college.codmon.com/2021年7月、現場で働く保育者の持続可能な学びの機会創出のため、オンライン研修サービス「コドモンカレッジ」を開校し、時間と場所にとらわれない良質な学びの環境を提供しています。階層別研修や専門分野別研修など役職や職員のフェーズ、施設種別に合わせた研修を定期的に開催するとともに、アーカイブ動画配信もしています。保育者の学びやふり返りを社会全体で応援するという理念に賛同いただく多くの企業の協力を得て運営しており、全ての保育関係者が無償で参加可能です。

株式会社コドモン 会社概要

◆所在地:東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆WEB:https://www.codmon.co.jp/
◆事業内容:子どもを取り巻く環境をより良くするための事業を手掛け、働く人にとっても働きやすい組織づくりを体現。子育てに優しい社会に変わるよう多角的に環境整備を行い、社会に貢献する。
◎こども施設職員の労働環境を整え、保育・教育の質向上を支える子育てインフラとしての保育ICTシステム「コドモン」の開発・提供。2022年8月時点で、全国約12,000施設、保育士約20万人が利用。全国約300の自治体で導入および実証実験の導入が決定。導入施設数・自治体導入施設数・契約自治体数でシェア1位(※)
◎保育士採用を支援するウェブサービス「ホイシル(https://www.hoicil.com/)」の提供。こども施設が簡単に施設の魅力を発信でき、保育学生や再就職希望者が採用情報にアクセスしやすいような情報提供を行う。その他、保育園向け写真ネット販売「コドモンプリント(https://www.codmon.com/print/)」こども施設を対象とした専門のECサイト「コドモンストア(https://store.codmon.com/)」、現場で働く保育者の資質や専門性向上を目的としたオンライン研修サービス「コドモンカレッジ(https://college.codmon.com/)」、こども施設職員への福利厚生サービス「せんせいプライム」などを展開。
※(2022年1月株式会社東京商工リサーチ調べ)

【保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON」概要】

コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、子どもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※1です。
園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、子どもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開しています。
※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
Mail: inquiry@codmon.com
Tel: 050-2018-3196(平日9:00-18:00)
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,346 VIEWS