トップページへCreated with Sketch.

MENU

PRESSROOMプレスルーム

プレスルーム
2023.03.15 #プレスリリース

テクノロジー活用で「こどもまんなか社会」実現を目指す「一般社団法人こどもDX推進協会」にコドモンが参画

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,223 VIEWS

テクノロジー活用で「こどもまんなか社会」実現を目指す「一般社団法人こどもDX推進協会」にコドモンが参画

保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON(コドモン)」を始めとした各種サービスを提供する株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、「一般社団法人こどもDX推進協会」の設立に参画し、代表理事に当社 代表取締役 小池義則が就任することをお知らせいたします。設立を記念し、こども政策担当大臣、厚生労働大臣、デジタル大臣を招いての「一般社団法人こどもDX推進協会の設立総会」および「こどもDXシンポジウム」を3月20日月曜日に開催いたします。本シンポジウムでは、こどもDXを推進する上で、官民が連携して進めるべき「標準仕様」「データ基盤」や「ルールメイキング」といった切り口から課題や解決策を探ってまいります。

■一般社団法人こどもDX推進協会について

こどもDX推進協会 ロゴ
こどもDX推進協会 ロゴ

一般社団法人こどもDX推進協会は、こどもDXが健全に普及する仕組みづくりを行い、テクノロジーを活用して持続可能な「こどもまんなか社会」を実現することを目的に設立されました。伴走型支援DX・保育施設DX、行政こどもデータ連携、EDTechなどに携わるスタートアップが中心となって運営する非営利団体です。こどもDXにかかわるITベンダーを主な会員とした業界初の民間団体として同じ志を持つ有志が集まり、2月20日に設立いたしました。
主にこどもDXに関わる各種システムの標準化、こどもと保護者・省庁・自治体・保育施設・ICT事業者などをつなぐプラットフォームの議論、各種調査・研究、こどもDXに関する政策提言などを行う事を目的に、2023年4月に発足するこども家庭庁をはじめ厚生労働省、デジタル庁など各省庁と連携して、テクノロジー活用の側面から「こどもまんなか社会」の実現を実効性を持って推進します。

活動内容の詳細はこちら:
一般社団法人こどもDX推進協会設立を記念してこどもDXシンポジウムを開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000117865.html

■背景

子育て世代がデジタルデバイスを使いこなし、保育・教育現場でのICTが普及するなど、こどもを取り巻く環境がデジタルシフトをしている現代社会において、「こどもまんなか社会」を実現する上でのテクノロジー活用の有効性は必然的に高まっています。一方で、民間のITベンダーの伴走型支援DX・保育施設DX、行政こどもデータ連携などに関わるICT分野への新規参入が目立っており、こどもや家庭に関するデータの標準仕様の策定やデータの取扱に関するルールメイキング、こどもDXを取り巻く市場環境の整備は急務となってきています。
こうした課題に対して、官民連携で自由で活発な交流活動を支える組織の必要性を強く感じ、本協会の設立に至りました。

株式会社コドモン 代表取締役 / 一般社団法人こどもDX推進協会 代表理事 小池 義則 コメント

ここ数年でこどもDXに資するITベンダーは急増しており、セキュリティーポリシーや各種ガイドライン、共通仕様などの制定によるビジネス環境の整備の重要性も高まっています。
「こどもまんなか社会」に向けて、子育て家庭や保育教育施設、自治体など、こどもを取り巻く環境をよりよくしていくため、各ベンダーの連携強化を実現していきます。

■こどもDX推進協会記者発表について

開催日時: 2023年3月20日(月) 16:15~17:00予定(受付16:00~)
会場: ホテルニューオータニ東京 ザ・メイン edo ROOM(東京都千代田区紀尾井町4−1)
https://www.newotani.co.jp/tokyo/banquet/hall/edo-room/
登壇者:代表理事
    小池 義則 株式会社コドモン 代表取締役
    理事
    上野 公嗣 BABYJOB株式会社 代表取締役
    佐々木 久美子 株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長
    谷川 一也 株式会社ミラボ 代表取締役
    藤田 将 株式会社MJ 代表取締役
    森脇 潤一 株式会社エンペイ 代表取締役
※記者発表後に理事への囲み取材も実施致します。

ご出席を希望されるメディアの方は、お手数ですが下記よりお申し込みください。
記者発表申し込みフォーム:

■こどもDXシンポジウムについて

テーマ:官民連携でこどもDXを推進するための論点・方向性
本シンポジウムでは、こどもDXを推進する上で、官民が連携して進めるべき「標準仕様」「データ基盤」や「ルールメイキング」といった切り口から課題や解決策を探ります。こどもDXに関わる事業者や自治体、官公庁、メディアのみなさまは是非ご参加ください。

【概要】

開催日時: 2023年3月20日(月) 18:00〜20:00( 開場17:30)
会場: ホテルニューオータニ東京 ザ・メイン edo ROOM(東京都千代田区紀尾井町4−1)※オンライン(ZOOM)双方でのハイブリッド開催
定員: 300名(会場100名、オンライン200名)
参加費: 無料
対象者: こども・子育てに関わる事業者/保育・教育業界関係者/自治体関係者/各府省庁関係者
申し込み:
来賓: 小倉 將信 こども政策担当大臣
   加藤 勝信 厚生労働大臣
   河野 太郎 デジタル大臣

主催: 一般社団法人こどもDX推進協会

【プログラム】
第一部 一般社団法人こどもDX推進協会 設立総会
第二部 ご挨拶 加藤 勝信 厚生労働大臣/河野 太郎 デジタル大臣

パネルディスカッション 
「こどもまんなか社会を目指して:本当に子育て支援につながるこどもDXとはなんだろう(仮)」

[モデレーター]
畑中 洋亮 一般財団法人あなたの医療 代表理事(内閣官房こども家庭庁設立準備室 政策参与)
[パネリスト]
小倉 將信 こども政策担当大臣
中室 牧子 デジタル庁 デジタルエデュケーション統括
佐々木 久美子 株式会社グルーヴノーツ 代表取締役

■コドモンのサービスについて

こども施設職員の労働環境を整え、保育・教育の質向上を支える子育てインフラとしての保育・教育施設向けICTサービス「コドモン」の開発・提供。2021年度のサービス継続率は99.8%。2023年2月末時点で、全国14,000施設、保育士約26万人が利用。全国約350の自治体で導入および実証実験の導入が決定。導入施設数・自治体導入施設数・契約自治体数でシェア1位(※)
採用・園児募集支援サービス「ホイシル(https://www.hoicil.com/)」の提供。施設の魅力を伝えられる専用のホームページを作成しPRすることで、地域の保護者や求職者、保育学生はより自分にあった園を探すことができる。その他、保育園向け写真ネット販売「コドモンプリント(https://www.codmon.com/print/)」こども施設を対象とした専門のECサイト「コドモンストア(https://store.codmon.com/)」、現場で働く保育者の資質や専門性向上を目的としたオンライン研修サービス「コドモンカレッジ(https://college.codmon.com/)」、こども施設職員への福利厚生サービス「せんせいプライム」などを展開。
※2023年1月株式会社東京商工リサーチ調べ

【株式会社コドモン 会社概要】

◆所在地:東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆WEB:https://www.codmon.co.jp/
◆事業内容:子どもを取り巻く環境をより良くするための事業を手掛け、働く人にとっても働きやすい組織づくりを体現。子育てに優しい社会に変わるよう多角的に環境整備を行い、社会に貢献する。

【一般社団法人こどもDX推進協会 概要】

設立日:2023年2月20日
所在地:東京都港区三田3- 1 3- 1 6 三田43MTビル3F
団体HP:https://kodomodx.or.jp

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
Mail: inquiry@codmon.com
Tel: 050-2018-3196(平日9:00-18:00)
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,223 VIEWS