トップページへCreated with Sketch.

MENU

PRESSROOMプレスルーム

プレスルーム
2022.10.07 #プレスリリース

コドモン、日本最大規模の女性アワード Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022 活躍実感度ランキングの101名以上1000名以下の部にて第1位受賞

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,184 VIEWS

コドモン、日本最大規模の女性アワード Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022 活躍実感度ランキングの101名以上1000名以下の部にて第1位受賞

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、10月6日に開催されたForbes JAPAN主催の日本最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」において「活躍実感度ランキング 101名以上1000名以下の部」で1位を受賞したことをお知らせいたします。

■Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022とは

『Forbes JAPAN WOMEN AWARD』は、女性リーダー、プロフェッショナルを続々と輩出している企業、そして自ら道を切り拓き自分らしく働く女性を讃えるアワードとして、2016年に発足しました。2022年は「女性活躍とダイバーシティ改革を、企業発の成長戦略へ」というアジェンダのもと、働き方と働く場を “REDEFINE” “REIMAGINE”する意義をイベントを通じて発信します。

■ミッションへの強い共感が生んだ、「働きやすい」を実感できるカルチャー

コドモンでは「子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに」というミッションに基づいて、メンバーの働き方もミッションに沿ったものでありたいという考えのもと制度や文化が醸成されてきました。ミッション実現のために職場環境の改善は必要であり、メンバー全員でその取り組みを実践できないと目指す方向性に対して説得力を失ってしまうため、自分たちがミッション実現に向けて必要な働き方を体現していこうと日々取り組んでいます。
そうした中で、家族や大事な人と過ごす、自己投資や趣味に時間を使うなど、それぞれのプライベートを大切にする文化があります。だからこそ、それぞれのライフスタイルに合った働き方ができる環境を築くことで、どんなライフスタイルのメンバーでも活躍できています。これからも多様なバックグラウンドを持つメンバーが自身のライフスタイル・ライフステージに合った柔軟な働き方ができる環境を整備し、一人ひとりが「活躍できている」と実感できるような職場環境を整えていきます。

コドモン カルチャーデッキ

culturedeck「子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに」私達は、こども施設の先生向け業務支援システム「コドモン」SaaS 展開を始めとした保育・教育・子育て支援を行うテクノロジー・スタートアップです。https://twitter.com/codmon_official

コドモンのミッション・ビジョン・スタンスや行動指針を整理したドキュメントです。働き方だけでなく、コドモンが醸成してる・目指している文化や制度、その背景をまとめています。これが完成形ではなく、メンバーがより共感できるものになるよう都度見直しを図り、更新していきます。

子育て、介護、地方勤務 「家族ファースト」だからこそ実現できる多様な働き方 ミッションへの共感が生んだコドモンの働きやすいカルチャー

子育て、介護、地方勤務 「家族ファースト」だからこそ実現できる多様な働き方子育て・介護・フルリモートワーク・地方勤務など、ライフステージに合わせて多様な人材が柔軟に働けるカルチャーがあるコドモンの働き方についてご紹介します。https://newscast.jp/news/3822474

「子育てをしながら」「介護をしながら」「地方に勤務しながら」など、コドモンメンバーの働き方の選択肢はさまざまです。実際のメンバーの声を通して、コドモンの働き方についてご紹介します。

【株式会社コドモン 会社概要】

◆所在地:東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆WEB:https://www.codmon.co.jp/
◆事業内容:子どもを取り巻く環境をより良くするための事業を手掛け、働く人にとっても働きやすい組織づくりを体現。子育てに優しい社会に変わるよう多角的に環境整備を行い、社会に貢献する。
◎こども施設職員の労働環境を整え、保育・教育の質向上を支える子育てインフラとしての保育ICTシステム「コドモン」の開発・提供。2022年8月時点で、全国約12,000施設、保育士約20万人が利用。全国約300の自治体で導入および実証実験の導入が決定。導入施設数・自治体導入施設数・契約自治体数でシェア1位(※)
◎保育士採用を支援するウェブサービス「ホイシル(https://www.hoicil.com/)」の提供。こども施設が簡単に施設の魅力を発信でき、保育学生や再就職希望者が採用情報にアクセスしやすいような情報提供を行う。
その他、保育園向け写真ネット販売「コドモンプリント(https://www.codmon.com/print/)」こども施設を対象とした専門のECサイト「コドモンストア(https://store.codmon.com/)」、現場で働く保育者の資質や専門性向上を目的としたオンライン研修サービス「コドモンカレッジ(https://college.codmon.com/)」、こども施設職員への福利厚生サービス「せんせいプライム」などを展開。
※(2022年1月株式会社東京商工リサーチ調べ)

【保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON」概要】

https://www.codmon.com/
コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※1です。
園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や、保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時にベビーセンサーなどのIoTデバイスとAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。保護者アプリでは施設との連絡機能のほか、こどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い機能といったサービスを展開しています。
※1 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

【お問い合わせ先】
本件に関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
Mail: inquiry@codmon.com
Tel: 050-2018-3196(平日9:00-18:00)
※株式会社コドモン以外の販売元と契約されている施設は販売元までお問い合わせください。

シェアする Facebookのリンク X(旧Twitter)のリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 1,184 VIEWS