トップページへCreated with Sketch.

MENU

RECRUIT新卒採用 / 中途採用

RECRUIT
2022.07.29 #考え方

【コドモン22新卒 Vol.4 】新卒メンバーに聞いてみた。「ここがよかった!」コドモンの全体研修

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 104 VIEWS

【コドモン22新卒 Vol.4 】新卒メンバーに聞いてみた。「ここがよかった!」コドモンの全体研修

こんにちは!「コドモン22新卒」の姿をお届けしていく本企画も、第4弾を迎えました。

今回は代表して3人の新卒メンバーに東京オフィスでの全体研修について、三者三様に感じた魅力を語ってもらいました!(※5月末収録の内容になります)

全体研修についての詳しい説明は、前回の【コドモン22新卒 Vol.3】からご覧いただけます!

コドモンの新卒メンバー

・山家さん(写真左)

・玉村さん(写真中央)

・越間さん(写真右)

まずはみなさんの自己紹介をお願いします!

山) 山家です。5月からプロダクト開発部に配属されました。5月、6月と研修が続くので、今は開発の勉強をしている真っ最中です。アウトドアが好きで、先日も山登りに行ってきました。最近カメラを買ったので写真を撮るのも好きですね!今故障していて使えないんですけど……(笑)。

就活の際に、大前提としてエンジニアとして働ける会社ということが軸にあったのですが、「自分がこれを作っているぞ!」と自信を持って言える会社やサービスがいいなと思っていました。大学時代に英会話講師のアルバイトで、子どもや教育に関わっていたこともあり、コドモンのプロダクトならミッションに共感して自信を持ってエンジニアとして働けると思い入社を決めました。

越) 越間です。カスタマーサクセス部のSMBチームに所属していて、みんなからは「こっしー」って呼ばれてます!韓国が好きで、今必死に韓国語の勉強をしているところです(笑)。昔からクラシックピアノを習っているので、ピアノを弾くことも好きですね!社会人になった今でも習い事を続けています。

私は元々、女性や子どもの支援ができるということを軸に就活をしていたのですが、コドモンには、「子どもやその周りの大人の環境を根本的に変えられる力があるな」と思ったことが入社の決め手でした。先輩方のWantedlyの記事を読んで、「メンバーのことも、お客さまのことも大事にする方たちなんだ」と感じたことや、インタビュー(面接)で、みなさんが快く対応してくれたこともコドモンに決めた理由の一つです。

玉) 経営企画グループアライアンスチーム所属の玉村といいます!お菓子作りや刺繍をすることが好きです!最近は読書にもハマっていて、休みの日にはよく本を読んでいます。

大学で保育士資格と幼稚園教諭の免許を取得する勉強をしていたこともあり、保育者の方や子どもの環境をよくする事業を展開しているような会社でインターンの経験を積みたいと思っていたのですが、そんなときに出会ったのがコドモンでした。2年半ほどインターンをした後、今年の4月から社員として働いています!

三者三様に感じた研修の魅力とは

全体研修を受けてみてどうでしたか?

越) 一番心に残っているのは、「コミュニケーション研修」での足立さんのお話ですね。フィードバックについてのお話が、自分の中ですごく衝撃だったというか、おもしろくて。「こんな研修があったんだよ!」って家族や友達にも話したくらいでした!

「フィードバックは役職があるともらいにくくなるけど、役職は関係ないし、いつでも言っていいんだよ」と言ってくださったことがすごく印象に残っていますね。

私は大学時代に、学生団体の代表をしていたんですが、当時は積極的にフィードバックをもらおうという考えがまったくありませんでした。メンバーの声を聞くということは意識していましたが、この研修を受けて、意見を言いやすい環境が作れていたのかを振り返ってみると、全然できていなかったなと思いましたね。

今回のお話を聞けていなかったら、「フィードバック=指摘されること」だと思ってしまいそうでしたが、自分の成長のためにも相手の成長のためにもすごく必要なことだと思いました。もらったフィードバックをしっかり受けて、取り組むということがすごく素敵な価値観だなと思って感動しましたし、今では「フィードバックもらえるのラッキー!」と思いながら仕事に取り組めるようになりました。

玉) 私は「デザイン研修」でのスライドの作り方がすごく勉強になりました!

もともと、自分はデザインが苦手だという認識があったんですが、研修の中でスライドを制作する課題に取り組んだら、同期のみんなは綺麗に作っていたのに、私だけすごく見づらいスライドを生み出してしまったんですね(笑)。配置もバラバラだし、見やすさよりも想像力だけで自分が作りたいものを作ってしまったというか。

この研修では、画像の選び方や企業のロゴの使い方だったり、「何を大事にして、何に気をつけたらいいのか」基礎の部分から知ることができましたし、今の部署では、取引先の方にお渡しする資料を作る機会もあるので、本当に受けてよかったと思いました。

山) 僕は、小池さんがコドモンが今日に至るまでの過程をお話してくれた「コドモンの歴史」が印象に残っていますね。失敗を経験したり、つまずくことってネガティブなイメージがあったんですが、初めから完璧を求めなくていいんだとわかったことは自分の中では大きな気づきでしたし、すごく勇気をもらえました。

もっと知りたいと思った研修はありますか?

玉)「セルフケア研修」の中で「自分の心を癒す方法を見つける」というお話があったんですが、これから長く社会人を続けていくには自分で自分の機嫌をとったり、気持ちをリフレッシュさせることは本当に大事だなって思っていて。自分に一番あった休日の過ごし方をもっと追求したいですし、コミュニティを広げて、新しい価値観や考え方にも触れたいと思いました。

山) 「ライティング研修」と「デザイン研修」で学んだ内容は、自分にとってすごく必要な力だなと思いました。自分の成果を誰かに伝えるときって、口頭だけではなくて、文面だったりや画面で見せるとよりわかりやすいと思うんですね。話して伝えることももちろん大切ですが、ライティング力とそれを伝えるデザイン力があれば強いなと思ったので、もっと勉強したいですね。

越) 今の仕事では電話対応をしたり、文章で履歴を残す機会が多いのですが、「コミュニケーション研修」と「ライティング研修」の内容にすごく関わっているし、自分にとって必要な力だと感じている部分なので、もっと知りたいと思いました。研修のときには気がつかなかったんですが、実務をしていると「研修で学んでいてよかった!」と思う場面が多いので、しっかり振り返りをしたいなと思います!

垣根を越えたつながりと、同期の絆が深まった時間

研修中に印象的だったできごとはありますか?

越) 私は「ヒューマンスキル研修」での時間がすごく印象に残っています!

玉) この研修では、プロダクト開発部の岡本さんがゲームを中心に学びを組み立ててくれていたんですが、リラックスした雰囲気で学べて、最後まで楽しく研修の時間を過ごすことができました!それに、楽しいだけで終わらずしっかりと学びにつなげられたのもよかったです!

山) 頭をフル回転させることができて、とてもいい時間でした。

玉) ゲーム形式で同期と学ぶことで「あ、この人こういうところ苦手なんだ!」みたいな新たな発見もありましたね!「自分がこの部分をカバーできるな」とか、同期との接し方も見直せたというか。よりよい付き合い方を見つけられた気がします。

越) サポート研修のときは、みんなで何かに取り組むことよりも一人で受電をすることが多かったので、それぞれの得意不得意はほとんど知らなかったのですが、この研修を通してそういった一面を見ることができたなって思います!

玉) 同期とのスキマ時間のお喋りや、朝の交流時間もすごく楽しかったです!

越) ね!楽しかった!!

玉) 今はこうして配属先が決まってそれぞれの業務も始まったので、研修のときのようにみんなで集まる機会は少なくなってきているし、研修中の交流時間は本当に大事だったなって思います。もうちょっと寂しいですもん、あの時間がないのが。

山) こんなにあっていいのかな?ってくらい交流時間があったもんね!(笑)。

玉) それに、対面でコドモンのみなさんに会えたこともすごくよかったです。この研修を受けてから、今まで接点がなくてお話しする機会がなかった方にも、自分から話しかけに行きやすくなりました!垣根を超えてコミュニケーションをとるきっかけになったなって思います。

山) 新卒で入社をしないとこういった研修もないので、直接話をするきっかけってあまりないというか。すごく贅沢な経験をさせてもらえたなと思いました。

活躍のための土台を活かしてさらなる成長を 

5月から配属が決まりましたが、この研修で学んだことを活かせそうですか?

越) 活躍はまだまだかも知れないですが、研修で得たたくさんの学びをしっかり活かして、早く活躍できるように頑張りたいです!

玉) 私のチームは人数が少ないこともあって、頑張りたいというよりは、「今すぐ頑張らなきゃ!」という意識のほうが強くて。活躍しはじめてるって言いたいですし、もっと自信を持ってそう言えるように引き続き頑張ります!

山) 僕はこの研修で、人間としてのすごく大きな土台ができたと思うので、いきなり実務に変換するというよりは、その土台をコドモンでの仕事やプライベートにも活かせたらと思います。

玉) 活躍するための基盤ができたって感じ?

山) うん。まさしくそんな感じ。

今後の目標やコドモンで実現したいことはありますか?

玉) 私は主に他社さんとの取り組みを推進する部署なので、自分で「いいな!」と思った会社にコンタクトをとって、一緒にサービスをリリースするところまで絶対に成し遂げたいと思ってます。この記事を読んでくださる方や、同期によい報告ができることを目指して頑張ります!

山) 長い目で見たときの目標は、どこの国でもどんな地域でも「その日から戦力になれるエンジニア」というのを目指しています。

コドモンのエンジニア組織には、どういった成果や行動が評価されるかがまとめられている「エンジニアコンピテンシー表」があるんですが、エンジニアとしてすごく汎用的な内容だし、それに沿った行動を心がければ、どんなところでも活躍できる人間になれるなと思ったので、自分ができないところを埋めていきたいなと思っています。

越) 私の部署には人に寄り添うことのできる素敵な先輩方がいるので、刺激を受けることばかりですし、日々自分自身の成長も感じられて、仕事をしていてすごく楽しいんです!なので、今は何か大きなことを成し遂げたいというよりも、早く先輩たちのような人間力を身につけて、今よりもっと成長することが目標です!目の前の課題に全力で取り組んだ先で、私の夢である「女性と子どもの支援」ができるかなと思っています。

まとめ

宮崎でのサポート研修から始まった約1か月の新卒研修、本当にお疲れさまでした!今回から様々なカリキュラムを実施したこともあり、それぞれの視点で多くの新しい発見や学びがあったようです。

インタビューの中で同期との思い出について笑顔で語る3人の姿も印象的で、その表情から研修期間を通じてより一層仲が深まったんだと感じることができました。

活躍のための土台ができた新卒メンバーが、それぞれの掲げた目標に向かって配属先でどんな成長を見せてくれるのかとても楽しみですね!

引き続きコドモン22新卒の応援をよろしくお願いいたします。

コドモンでは一緒に働く仲間を募集しています!

シェアする Facebookのリンク Twitterのリンク ピンタレストのリンク
投稿をみた人数 104 VIEWS